Amazon ねんどろいど ゲーム

Powered by amaprop.net
Powered by amaprop.net

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者・閲覧人数

現在の閲覧者数:

楽天

副業

サイト内ランキング

フリーエリア

RSS

【農業】電解水素水が農業を変える!? 高知県で野菜の収量増など確認[H29/2/28]

1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/03/01(水)09:37:46 ID:QLZ

還元水が農業を変える!? 高知県で野菜の収量増など確認
2017.02.28 08:15

 電解水素水(還元水)という水をご存じだろうか。その名の通り、電気で
分解した水でアルカリ性を帯びる。この還元水の農業利用が注目され始めた。
高知県南国市を中心に行われてきた実証栽培では収穫量の増加や産品の高品質化
が確認された。産学官が連携し、技術の普及やブランド化の動きも本格化して
いる。水で「農」は変わるのか。取り組みをのぞいた。

(略)

 医療用にも使われる還元水の農業利用は、整水機メーカーの日本トリム
(大阪府)が着眼した。2012年からJA南国市が出資する農業法人
「南国スタイル」などの事業者が実証的に使い、産品の収量増と機能性アップが
確認された。

 これが高知県や南国市の目に留まり、高知大学も加えた5者が2015年、
普及や検証で連携する「還元野菜プロジェクト」を立ち上げた。以降、高知県
産業振興計画や南国市の創生戦略に盛り込まれ、整水機購入の補助も開始。
現在は南国市を中心に七つの経営体が実証的に使っている。

 実証でどんな効果があったのか―。水道水などで育てた場合との収量比較を
葉物6品目で実施し、青ネギで26%増、小松菜16%増、ほか4品目も
5~10%増となった。また、他品目も加えた成分比較では、ビタミンCなど
抗酸化作用を持つ成分が、還元水で育てた野菜の方が軒並み高かった。中でも
ニラは抗酸化力の指標が45%も高くなったとする結果が出た。

 現場の農家も違いを実感する。(以下略)

※全文は高知新聞でご覧下さい。
http://www.kochinews.co.jp/article/82557/


引用元: 【農業】電解水素水が農業を変える!? 高知県で野菜の収量増など確認[H29/2/28]


水素水
2: 名無しさん@おーぷん 2017/03/01(水)09:41:13 ID:C6l

あぁ~!水素の音ォ


3: 名無しさん@おーぷん 2017/03/01(水)09:44:29 ID:4At

今度は電解水素水ですか
次から次へとよくもまぁ思いつくもんだ


4: 名無しさん@おーぷん 2017/03/01(水)09:45:30 ID:Szf

JA南国市は詐欺の共犯を免れませんね


5: 名無しさん@おーぷん 2017/03/01(水)09:48:29 ID:mWt

室戸の深層水でやれw


6: 名無しさん@おーぷん 2017/03/01(水)09:59:58 ID:mUd

何これと思ったら「アルカリイオン水」のことみたいですね


7: ツチノコ狩り 2017/03/01(水)10:11:56 ID:ajN

なんとか還元水が報われる時がきたのか


8: 名無しさん@おーぷん 2017/03/01(水)10:14:09 ID:2jU

水素水は滅びぬ、何度でもよみがえるさ


9: ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw 2017/03/01(水)10:16:17 ID:PH3

いや、事実かどうかだけが問題だろ

収穫量が増えて無害などの結果が事実なら、

実業としては結果がすべて、

理屈はどうでもいい。

結果が錯誤ならダメ。それだけのことだ。







にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ





東大院生が考えたスマートフォンFX

YouTube大富豪7つの教え―わずか180日で1億円稼いだ最新動画戦略の神髄

月10万円ラクに稼げる「ネットせどり」入門

アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61

YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方 (光文社新書)

YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~

「eBay」で月50万円稼ぐ法 (DO BOOKS)

確実に稼げる Amazon輸出 副業入門

FXの「ウラ側」を味方につける本




画RSS
Powered By 画RSS












DMM.com 3Dプリント
3Dプリント

DMM.com ホビー・フィギュア通販
ホビー・フィギュア通販

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す