Amazon ねんどろいど ゲーム

Powered by amaprop.net
Powered by amaprop.net

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者・閲覧人数

現在の閲覧者数:

楽天

副業

サイト内ランキング

フリーエリア

RSS

【サーチナ】日本で「うな丼」を食べてみた! 一口で「愛してしまった」[H29/6/14]

1: ■忍法帖【Lv=12,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/06/14(水)19:55:46 ID:tUS

 近年、ウナギの価格が高騰している。今年は幾分落ち着いたとはいえ、日本では依然高級食材として扱われている。
高価であっても人気なのは、ウナギの食材としての質が高いことに加え、美味しい調理方法とその美味しさを引き出す職人がいる
こともあるだろう。ウナギ職人の世界には「串打ち3年、裂き8年、焼き一生」という言葉があるほどだ。
 
 中国メディアの今日頭条は11日、九州のウナギ老舗店に関する記事を掲載し、
ある中国人旅行客が日本でうな丼を口にしたところ「一口食べただけで愛してしまった」と伝えている。

記事はまず、日本のウナギは食べれば誰もが必ず好きになると絶賛。たれをたっぷりつけた身の厚いウナギを、炭火でジュージューと焼くと、油がしたたり落ちて炎が上がり、
濃厚な白い煙が立ち上って「目と鼻に絶えず訴えかける」と描写した。
 
 そのうえで、関西流では腹開きにしたウナギを長い鉄串に刺して焼くのだと伝えた。
そして、蒲焼にしたウナギは、皮までしっかりと歯ごたえがよく、肉はやわらかくて濃厚な味わいで、
細かな骨まで軟らかく一緒に食べられるという。
 
 また、福岡には「せいろ蒸し」という独特の調理方法があるとも紹介。起源は江戸時代にまでさかのぼり、
ウナギは時間がたって冷めると硬くなってしまうため、これを防ぐため「蒸し」という調理法を取るようになったという。
この中国人が訪れた店では、独特の方法でウナギを焼いたのち、ご飯と細く切ったタマゴ焼きを一緒に木の箱に入れ、
約5分蒸すと、味がさらに染み込み、1時間は保温できると伝えた。
 
 さらに、タレも何もつけずに焼く「白蒲焼」もあるが、これはウナギの品質に対して十分な自信があるゆえの調理法だと紹介。
脂身が十分で、生臭くない質の高いウナギを使用しているという。他にも、ウナギの内臓を利用した串焼きもあり、
5~6匹分のウナギの内臓で1本の串焼きができると伝えた。

(略)

サーチナ 6月14日
http://news.searchina.net/id/1637762?page=1


引用元: 【サーチナ】日本で「うな丼」を食べてみた! 一口で「愛してしまった」[H29/6/14]


うなぎの蒲焼のイラスト
2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:01:34 ID:5dv

中国人の好みにも合うんだな


3: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:01:45 ID:EUL

日本の話しはお前らには関係ねーだろ。
自分の国を良くしろよ。


4: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:07:03 ID:2uP

うなぎは中国産だったんだろ?


5: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:15:14 ID:5HI

鰻が高騰している理由が中国人のせいなのでこういう記事は腹が立つ。
海洋資源保全のためには、中国人は邪魔。


6: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:24:40 ID:gdA

国内流通の大部分は中国産のはず。

でも、この記事を読む限りは国産鰻を使うような高級店の記事みたいだね。

でもこの記事を読んだ中国人が日本に鰻を食い散らかしに来るんだろうな。
で、中国の鰻養殖業者が儲けて高笑いするあたりまでは想像できる。

中国の会社は大抵が中国人民解放軍の資本系列だけど、
(人民解放軍は物資の横流しや技術を生かして会社を立ち上げて収入を増やしている。
通信機器・スマホメーカーのファーウェイも、あれはたしか空軍あたりが由来だったような?)
そこに鰻養殖会社が含まれていたらビンゴだね。


7: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:26:33 ID:5st

ウナギを食い尽くさないようにおまえらシナ人はミミズでも食ってろ


8: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:43:09 ID:hn7

この前、激安スーパーで焼き鳥のパッケージが中国産だと知るや
そっと元の場所に戻した俺…


9: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:51:17 ID:m8R

絶滅してからは鰻の悲運を嘆き
絶滅前は鰻食えない貧乏を嘆く


10: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:53:13 ID:kX2

やめろ
日本の食べ物にいい加減手出すな


11: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:53:28 ID:qlA

これ以上イナゴ土人連中に高級食材を教えるべきではないな
乱獲されて荒らされるだけ


12: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:55:14 ID:avl

国産って言ったって支那と台湾と日本の業者で産地ロンダリングしてるだけだぞ
今さら鰻なんて有り難がるもんじゃない


13: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)20:57:58 ID:2EE

中国でウナギの炒め物を食ったが、野趣あふれる味で最高にうまかった。
蒸して焼く関東のウナギは、ウナギの良さを殺してる。


14: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)21:03:32 ID:PAq

美味いものはアルカニダには教えてはいけない


15: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)21:42:40 ID:ruJ

ドジョウとナマズも美味い


18: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)22:29:20 ID:4sr

>>15
確かに美味いわな。
母の実家が大きな川の近くにあるので夏休みによく行った。
漁師もやっているのでナマズが良く獲れたが蒲焼にしてくれた。
あれもうまかったなあ。
サンマの蒲焼だって暖かいご飯の上に載せれば美味いわな。


16: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)21:50:21 ID:H3i

ウナギなんて少なくなってるって話聞いてから随分食べてない
でも日本人が我慢しても、周辺国が取りつくして日本に売りつけてるんだろうな…


17: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)22:16:22 ID:ZLp

最近はインドネシア産うなぎ
なんてのもみるようになった


19: 警備員◆OQUvCf9K4s 2017/06/14(水)22:56:18 ID:aCy

おまエラが美味いものを食い出すと地球の資源が持たんぞ。


20: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)00:42:34 ID:kBO

まあ、お値段書いたらまた違った反応するんだろうな


21: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)05:00:10 ID:AOJ

ヘビで代用しなさいよ…


22: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)05:10:50 ID:sF1

ほんとこいつ等にはヘビがお似合いだ


23: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)06:33:07 ID:8B9

うな重(中国産)


24: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)06:36:17 ID:GxH

これで支那が一挙に消費するようになるぞ。


25: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)09:29:03 ID:jy5

ぜひ中国産うなぎを地産地消して下さい
タレは適当にパクれば良いよ


26: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)10:09:34 ID:00s

そのウナギを乱獲して食えなくしたの中国人だけどな


27: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)15:10:54 ID:uXM

シナ産のウナギをシナ人が有り難がっているのか
片腹痛いわ


28: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)15:32:24 ID:Qna

だれだよ、支那人にウナギ食わせた奴は?
それでなくとも国産ウナギは品薄どころか、絶滅危惧種に登録されそうな勢いなのに。
これで、中国産のウナギが日本に入らなくなれば、それはそれで安心だが。







にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ





東大院生が考えたスマートフォンFX

YouTube大富豪7つの教え―わずか180日で1億円稼いだ最新動画戦略の神髄

月10万円ラクに稼げる「ネットせどり」入門

アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61

YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方 (光文社新書)

YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~

「eBay」で月50万円稼ぐ法 (DO BOOKS)

確実に稼げる Amazon輸出 副業入門

FXの「ウラ側」を味方につける本




画RSS
Powered By 画RSS












DMM.com 3Dプリント
3Dプリント

DMM.com ホビー・フィギュア通販
ホビー・フィギュア通販

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す