Amazon ねんどろいど ゲーム

Powered by amaprop.net
Powered by amaprop.net

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者・閲覧人数

現在の閲覧者数:

楽天

副業

サイト内ランキング

フリーエリア

RSS

【産経・歴史戦】韓国映画「軍艦島」が封切り 史実に無い残酷な殺害シーン 反日感情を十二分に刺激[H29/7/27]

1:2017/07/27(木)06:45:40 ID:
◆韓国映画「軍艦島」が封切り 史実に無い残酷な殺害シーン 反日感情を十二分に刺激
[産経ニュース 2017.7.26 21:42]


 【ソウル=名村隆寛】「軍艦島」の通称で知られる長崎市の端島炭坑を舞台にした
韓国映画「軍艦島」(監督・柳昇完(リュ・スンワン)が26日、韓国で一斉に
封切られた。

 映画は太平洋戦争末期に、端島炭坑で過酷な労働を「強制」された朝鮮人徴用工ら
400人の存在を隠すため、日本軍が炭坑に閉じ込め爆破を試み、朝鮮人が集団で
命を賭けで脱出を図るという内容。史実にない話だが、柳監督は韓国メディアに
「事実を基にした創作物」と述べている。

     ===== 中略 =====

 映画の最後には、「明治日本の産業革命遺産」の一つとして「軍艦島」が
2015年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録され、
今年中に日本政府が犠牲者を記憶する措置を取るとしたが、まだ実行していない、
という趣旨の字幕がスクリーンに流れる。見る者への政治的アピールは強い。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
http://www.sankei.com/world/news/170726/wor1707260048-n1.html

2:2017/07/27(木)06:46:08 ID:
毎度だよなー、と思ってしまう。
3:2017/07/27(木)06:49:52 ID:
追求されるのを嫌って逃げ回ってたクズ監督の映画だっけか
4:2017/07/27(木)06:57:11 ID:
史実を認めたら自分を全否定して死ぬしかないから捏造するんだろ朝鮮人は
5:2017/07/27(木)07:07:54 ID:
>史実に無いシーン
いいんだよ、ファンタジー映画なんだから
6:2017/07/27(木)07:13:01 ID:
もう既にこれが真実だと思ってなんか勝手にキレてる朝鮮人いてワロえない
8:2017/07/27(木)07:14:25 ID:
>>6
実に毎度なパターンだよねえ(^_^;)
お口パカーン、よ。
普通は「この作品はフィクションです」なのに。
7:2017/07/27(木)07:13:07 ID:
日本人に嫌われるべくして嫌われてるのに嫌いになると差別ニダ
何だよこの民族…本当にヘドが出る
9:2017/07/27(木)07:34:23 ID:
いっそ、日本も「実録、阪神教育事件」みたいな、敗戦後にザイコがやらかした映画でも作ったらどうかね?。
10:2017/07/27(木)07:54:58 ID:
ヘイトスピーチ映画だよなぁ。差別助長してる。
11:2017/07/27(木)08:01:00 ID:
まあこういう映画を撮るのも自由だろ
ただ、こんな事して何の得があるのかとは思うが
12:2017/07/27(木)08:15:14 ID:
でも朝鮮人なら、タガが外れているから、この程度の残虐行為なんて普通だろ。
13:2017/07/27(木)09:01:57 ID:
日本は 君の名は。をつくりみんなで感動する。

韓国は 軍艦島 をつくりみんなで感動する。

韓国人は、精神障害。
14:2017/07/27(木)09:05:10 ID:
朝鮮人による、朝鮮半島で起きた残虐行為を、
軍艦島を舞台に日本人の仕業に擦り付ける韓国人。
にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
東大院生が考えたスマートフォンFX YouTube大富豪7つの教え―わずか180日で1億円稼いだ最新動画戦略の神髄 月10万円ラクに稼げる「ネットせどり」入門 アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61 YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方 (光文社新書) YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~ 「eBay」で月50万円稼ぐ法 (DO BOOKS) 確実に稼げる Amazon輸出 副業入門 FXの「ウラ側」を味方につける本 画RSS
Powered By 画RSS DMM.com 3Dプリント 3Dプリント DMM.com ホビー・フィギュア通販 ホビー・フィギュア通販
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す